3歳児が指しゃぶりする3つの原因

指しゃぶり 原因 3歳

「3歳の娘が指しゃぶりのしすぎで指に潰瘍ができてしまったの」
とママ友から相談されたら、あなたはどう感じますか?

指しゃぶりのしすぎは、手荒れの原因になったり
最悪、皮膚が裂けて肉が露出してきて潰瘍を起こすことだってあります。

3歳のお子さんが指しゃぶりのしすぎて指に潰瘍ができてしまったら
心臓麻痺を起こしそうになるくらい恐怖を感じてしまうかもしれません。

もし指しゃぶりが原因で手荒れや潰瘍ができているようなら
こちらの記事をご覧ください。
赤ちゃんが指しゃぶりで手荒れ対処法

では、ここからが本題です。

3歳児が指しゃぶりをする原因って何なのでしょうか?
3つの原因をご紹介します。

スポンサードリンク


3歳の娘・息子が指しゃぶりをする3つの原因

原因1.愛情不足

愛情不足

3歳のお子さんが指しゃぶりをする原因の一つに愛情不足が考えられます。
ただ、お父さん、お母さんがお子さんに愛情をかけてないという意味ではありません。

単純に3歳のお子さんが求めている愛情と
お父さんお母さんが与えている愛情が合っていないだけです。

たとえば、3歳のお子さんは抱っこしてもらったりと
一緒に時間を過ごしたいと思っているとします。
でも、両親はお仕事で忙しくて
プレゼントでお子さんに愛情を感じてもらおうとするとします。

これではお子さんは愛情で満たすことができません。
その結果、指しゃぶりをしてしまうんです。

原因2.思い通りにいかない怒りの感情

積み木で失敗

仮に両親からの愛情を十分にもらっていたとしても
3歳のお子さんにとって思い通りにいかないことがあったら
ストレスで指しゃぶりをしてしまうことがあります。

たとえば、積み木を積んで遊んでいたとしましょう。
でも、うまく積み木を積むことができず、ストレスで
指しゃぶりをしてしまうことがあるんです。

3歳児は体を動かしていろんな経験をしながら学ぶ時期です。
学習中の身。うまくいかないことが多いので
イライラする機会が多いです。

原因3.癖になっている

癖で指しゃぶりをしている3歳児

3歳までずっと指しゃぶりをしていたために
指しゃぶりが習慣になってしまっている可能性もあります。

たとえるなら、私たちが当たり前のように毎日歯磨きするような感覚です。
指しゃぶりが歯磨きするくらい当たり前になっているわけなんです。

3歳児が指しゃぶりをする3つの原因まとめ

指しゃぶりまとめ

最後にまとめますと、

3歳児が指しゃぶりをする3つの原因は

・愛情不足
・思い通りにいかない怒りの感情
・癖になっている

です。

こちらも参考に!⇒赤ちゃんが指しゃぶりで手荒れ対処法

スポンサードリンク

指しゃぶりする3歳児の原因関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る